×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年6月23日
            『第二十三号』

監督:近藤 重勝

 6月も後半になりました。
 3月末から6月にかけてトラックを中心に関東インカレや記録会に出場してきましたがこれから徐々に夏の走りこみへと移行していきます。

 今年に入りあと少しということが続いています。確実に力はついてきているものの年が明けての駅伝では箱根駅伝出場校にあと少しで敗れ、関東インカレにおいても入賞を逃し、全日本大学駅伝の予選会出場においても9秒足りずに逃してしまいました。

 この差には地力、伝統、能力など原因はあると思いますが、学生の何が何でも出場校に勝ってやるという執着心がまだ足りないとも言えます。能力の向上とともに競り勝つという執着を持てるよう後押ししていきたいです。

 また部のキャッチコピーに“The Truth Seekers”という言葉をもちいることに決めました。語意は「真実(本物)を探求する」というものですが競技のみならず人間としても本物を探求出来る人材を目指します。


以上