×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年10月30日
            『第二十五号』

監督:近藤 重勝

 第86回箱根駅伝予選会が終わりました。

 結果は10時間34分47秒と昨年と比べ約7分タイムは短縮しましたが、順位は22位と下げてしまいました。これは自分達の成長以上に他大学は成長し、強化を行っていたということです。

 このままいけば来年度の予選会においても本戦出場は夢に終わってしまいます。まずは今自分達が考える限界を越えていくしかありません。

 練習の質、アフターケア、故障しない身体づくり、それらを実行出来るメンタルなど競技における意識改革に取り組んでいきます。

 また今回の予選会においても多数の応援、ご支援を頂き有難うございました。ご期待に応えるべく部員一同精進します。

以上