×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2010年3月10日
            『第二十七号』

監督:近藤 重勝

 久しぶりの更新となってしまいました。

 現在4年生は卒業式を待つのみとなりましたが1月31日に勝田マラソンに希望者4名が出場しました。
大半の学生は大学卒業後陸上競技者としては一線を離れてしまいます。ならば最後にフルマラソンを経験してもらいたいという私の考えから今年より出場しました。
出場した4名は普段の練習より距離を踏む程度の事しかしませんでした。
しかしその中で濱田は29キロまで先頭集団でレースをつくる走りをし、2時間25分25秒で5位入賞を果たしました。

練習の流れをつくれば2時間20分を切ることは難しくないと確信出来るレースをしてくれたので今後マラソンを走る学生に活かしたいです。

又14日には立川ハーフに下級生が出場するので先輩に応える走りをしてもらいたいです。

最後に平成22年度は主将本村哲也、副主将井上未波、主務瀧川大地を中心に活動していくことになりました。
4月には定期的にトレーナーとしてサポートしてくれていた中野幹生が本学職員として来てくれます。フィジカル面、メディカル面の充実を今以上にはかり昨年以上に成長したチームをつくっていきます。

                             以上